MVSのアセンブラーサービス解説書がついに日本語化された

By 神居 - Posted: 2008/10/31 Last updated: 2010/06/26 - One Comment
印刷用ページの表示 印刷用ページの表示

アセンブラーでMVSのシステムサービス(GETMAINとかWTOとかいろいろ)を使う際に必要となるのが「Assembler Service Guide」と「Assembler Service Reference」。MVS/ESAまでは日本語版があったのですが、OS/390になってから何故かService ReferenceのVolume2だけが翻訳されていませんでした。最近になって日本語化されたのがわかったので紹介します。(マニュアル一覧ページも修正してあります)

いずれも非APFサービスです。APFサービスのマニュアルは英文を見るしかありません(これもESAまでは翻訳版あったのに)。必要とする人が少ないせいもあるでしょうが、せめて後DFSMS/DFPのマクロサービスとアセンブラーのマニュアルが翻訳されるとアセンブラービギナーには朗報なんですけど…

Posted in つぶやき・雑感 • • Top Of Page

One Response to “MVSのアセンブラーサービス解説書がついに日本語化された”

Comment from 野良猫
Time 2008年11月8日 at 23:58

 本当、使用頻度は今は少ないかも知れないのですが、はやり必要ですネ。