SDSFで表示中のSYSOUTをデータセットに取り込む

By 神居 - Posted: 2008/10/24 Last updated: 2010/06/19 - Leave a Comment
印刷用ページの表示 印刷用ページの表示

SDSFでSYSOUTの内容を見ているときに、そのプリントリストをデータセットに保存したいと思ったらコマンドで簡単にできる。
パネルのCOMMAND INPUT ===> フィールドに以下のコマンドを順番に打てばよい。

出力先データセットは順次編成なら(member)を取ればよい。データセットはRECFM=VBがいいでしょう。LRECLは適当でかまいません。プリントリストなら121または133以上でしょうが、きっちり決めることはなく例えば200とかにしてしまってかまいません。実際のレコードの長さで格納されます。そのためのRECFM=Vですから…
少し大きめの区分データセットを用意して、その中にメンバーで格納するのが便利です。

ジョブリスト、SYSOUT(DD名)リストパネルであれば、PTコマンドではなく、NPフィールドにアクション文字「XDC」を入力してもよい。この場合、出力先データセットは続いて表示されるパネルで指定できる

Posted in ISPFとSDSFのちょっと得する使い方 • • Top Of Page