データを圧縮して保存する

By 神居 - Posted: 2014/11/27 Last updated: 2014/11/27 - Leave a Comment
印刷用ページの表示 印刷用ページの表示

データを圧縮して保存する

ISPFエディターには、編集したデータを圧縮してデータセットに書き込む機能があります。


PACKコマンド(保管データの圧縮設定)

	PACK	[ON|OFF]

PACKコマンドは、データの圧縮モードを設定します。パラメーターを省略するか「PACK△ON」と指定すれば、編集データを保管する際にデータを圧縮して書き込みます(*1)。データセットのスペースを節約する効果がありますが、ISPFのPDFまたはライブラリー・サービス以外からは、データセットやメンバーに直接アクセスできなくなります。アプリケーション・プログラムで読み取るデータなどの場合は圧縮すべきではありません。圧縮を解除する場合は、「PACK△OFF」と入力してから編集セッションを終了すれば元のデータのまま保管されます。




*1 PACKコマンドによる圧縮は、反復文字を文字コードと個数を示すデータで置き換える比較的単純なもの。しかし、プログラム・コードやJCLなどのテキスト主体のデータでは意外と効果がある。

Posted in 書籍TSO/ISPF逆引きリファレンス・番外編 • • Top Of Page