VOS3 IPPユティリティ新機能開発

By 岡田 - Posted: 2013/11/06 Last updated: 2013/11/10 - Leave a Comment
印刷用ページの表示 印刷用ページの表示
VOS3では、VOS3/AS公開の際、「PP導入維持管理機能」がリリースされました。製品のインストールやSUT(PTF)の管理が容易になりました。

この機能に付随して公開されたのが、「IPPユティリティ」です。

従来、TSS(TSO)などでJCLを準備しておかなければならなかった基本処理が、コンソールコマンドやTSSコマンドとしてほぼ一回のオペレーションで実行可能になりました

上記で書いた基本処理とは、、
磁気テープの初期化
データセットの内容表示
区分データセットのメンバ削除、全メンバ削除
入出力ゼネレーション などなど

ところが公開以降目立った機能拡張がされておらず、運用方からするともっと機能の拡充の必要性を感じていました。

その理由の一つとして、OS提供のユティリティ(独立ユティリティ、データセットユティリティなど)を使った機能しか提供されていないことがあります

最近では、OSとシステム稼働に必要な製品が一緒に提供されるようになったため、同時提供される製品の機能をIPPユティリティの新機能として盛り込むことに問題がないと思っています。

そこで、運用方の視点で欲しいと思う(運用で使用頻度が高い)IPPユティリティを開発してみようと思いました

開発といっても、IPPユティリティのプログラム仕様は全部公開されていません
PP導入維持管理機能のマニュアルに一部記載がありますが、ここの資料を読み取っただけでは、コーディングできないことがわかっています

標準提供されているIPPユティリティを解析して、手探りでの開発となることをご了解下さい

現在作りたいと思っているIPPユティリティです
<ASPEN関連>
LISTVOLコマンド
<通信管理プログラム(XNF、XNF/TCP)関連>
XNFゼネレーション,PROFILE変更などのXNF/TCP管理モジュール更新
<TSSプログラム(TIOP3)関連>
定義パラメタ更新
<DMFVSS関連>
論理VTOC付き磁気ディスク初期化、ボリュームコピー、ボリュームバックアップ/リストア、オフラインディスクへの各種操作

など

申し訳ございませんが、DB関連はOSと同時提供プログラムではないため、除外いたします
Posted in 日立VOS3システム運用編 • • Top Of Page