仕事の優先順位について考える

By 岡田 - Posted: 2013/10/01 Last updated: 2013/10/01 - Leave a Comment
印刷用ページの表示 印刷用ページの表示
私が派遣社員を抱えて、多くの顧客のインフラ事業をしていた時、ある派遣社員に仕事(パラメタ作成と更改手順書などの一連の作業準備)を依頼しました。

この派遣社員は最初、自分が得意な分野から仕事を始めた出だしは良かったのですが、最終的に作業が完了できませんでした。

そうです、自分が不得意な分野でつまづいて、期限内に作業を追えることが出来なかったのです。

私は、彼に指摘をしました

「与えられた仕事の中に、自分の得意な仕事と不得意な仕事があったら、必ず不得意な仕事から始める必要がある。

不得意な仕事を始める時、(調査などに時間を要するため)自分で終了時間を想定出来ない。だから残業などを使ってでも調査をして仕事を完遂する。

時間があればこそ、不得意な仕事が出来る。

そして、一旦身についた仕事は自分の能力になる。。」と


得意な仕事は自分が経験ある仕事のはずなので、自分が体験した事から作業に必要な時間を想定できます

この事はどこの業態でも同じ事と思います。

他の人が絡んでいる仕事であれば、その人からの回答時間を持たせる必要がありますので、若干順番は変わる可能性はありますが、基本的に上記の方法で私は乗り切って来ました。
Posted in つぶやき・雑感 • • Top Of Page