- 「メインフレーム・コンピューター」で遊ぼう - http://www.arteceed.net -

レガシーマイグレーションの記事

以下はITpro Activeメール 2013年8月6日(日経BP社)からのリンクの転載です。

 

[ノーク岩上の調査データに見る賢いIT選び]
▼企業が抱えるレガシー資産の現状と今後
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Active/20130731/495782/ [1]

[レガシー乗り越えイノベーション]
▼[1]既存システムの維持から変革へ舵
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Active/20130522/478719/ [2]

▼[2]最重要は「経営判断の高速化」
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Active/20130522/478718/ [3]

▼[3]人材不足と既存システムが課題
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Active/20130522/478717/ [4]

▼[4]新規投資のために既存を見直し
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Active/20130522/478716/ [5]

[レガシーマイグレーションの選択肢が広がる]
▼OSSやクラウド、自動変換を活用
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Active/20130304/460672/ [6]

▼OSS編●ベンダーに非依存、運用コストを下げる
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Active/20130304/460671/ [7]

▼クラウド編●将来の本命になるか、メインフレーム文化と共通
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Active/20130304/460670/ [8]

▼自動変換編●COBOLからJavaに、ツールの精度向上
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Active/20130304/460669/ [9]

▼新たな選択肢を検討する四つのポイント
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Active/20130304/460668/ [10]

[製品&サービス]
▼レガシーシステムの設計書をソースから生成するSIサービス
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Active/20130426/473921/ [11]

▼COBOLも読めるソース構造の可視化ソフト
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Active/20120927/425883/ [12]
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――