IPOUPDTE、CPPUPDTE

By 神居 - Posted: 2011/06/16 Last updated: 2011/06/18 - Leave a Comment
印刷用ページの表示 印刷用ページの表示

CPPUPDTE:PDSメンバーの文字列一括変換ユーティリティ・プログラム

メンバー内の文字列を変更するには、ISPFエディターのCHANGEコマンドを使う方法がよく知られています。しかしメンバー数が1つや2つならともかく、10、20あるいは数十、数百となったら、とても手作業ではやってられません。そこでバッチ処理による文字列一括変換を行えると便利です。MVSではOSとしての文字列一括変換ユーティリティーは提供していませんが、IBMはServerPacプログラムとしてCPPUPDTEというユーティリティーを提供しています。
※以前はIPOUPDTEと言う名前で提供されていました。


使い方は米国IBMのサイト「CPPUPDTE program for ServerPac」にあります。
また、当サイトにも「文字列一括変換」という別ページに解説があります。

なお、CPPUPDTEがシステムに導入されていない場合などは、同等機能を持つフリーソフト( PDSUPDTE)がありますので、そちらを利用できます。JCLとパラメーターはCPPUPDTEと互換があります。

Posted in キーワードから(何が知りたいですか) • • Top Of Page