ブランク行で見やすいコードを書く

By 神居 - Posted: 2011/04/07 Last updated: 2011/04/07 - Leave a Comment
印刷用ページの表示 印刷用ページの表示

プログラムを見やすくするために、ロジックのブロックとブロックの間に空白行を入れるといいでしょう。空白行がないままで何十、何百という長いステートメントが続くと、見にくいですしバグ対応でコードを調べる時も追いにくいものです。コメントもそうですが書き方のくせやスタイルは、最初の頃に身につけないとそれなりにベテランになってしまうと変えにくくなるものです。ろくにコメントを付けないまま長年書いてきた人は、いつまでもコメントを付けようとはしませんし、見にくくても動けばいいや、という人は、後から他人が見たり直したりするかも知れない、という想像をしてくれないものです。


どこに空白行を入れるべきか

特に決まりはないのですが、基本的には処理(ロジック)の切れ目でしょうか。見やすくなるような位置に入れればいいのです。また、無条件ブランチの後には空白行を入れるといいでしょう。これは筆者もコーディングで心がけていました。無条件ブランチ命令の場合、処理は次の命令にそのまま流れませんから、そこはロジックの切れ目と言えます。ラベルの直前を空白行としてもいいでしょう。


空白行を入れる方法

最も簡単なのはソースコードに直接空白行を書いてしまうことです。この方法だとソースコードもアセンブルリストも両方に空白行が入ります。その他にSPACE命令を書く方法もあります。複数行の空白を入れる場合でも、SPACE nとすれば一行で済みます。SPACE命令ではアセンブルリスト上にのみ空白行が入ります。
アセンブラー言語プログラムのデバッグは、ソースコードではなくアセンブルリストを見て行うものです。そのためリスト上に適切な空白行が挿入されるよう、SPACE命令が用意されています。

ソースに空白行を入れるにせよ、SPACE命令を使うにせよ、SDSFなどで見るSYSOUTデータセット上のアセンブルリストには空白行は含まれません。空白行はアセンブラーによってANSI文字あるいはマシン制御コードに置き換えられ、プリンターからの印刷時に挿入されます。

Posted in MVS実践アセンブラー・プログラミング • • Top Of Page