正しい構文?のPARMLIBメンバーなのにIPLエラーになる?

By 神居 - Posted: 2010/06/23 Last updated: 2010/06/23 - Leave a Comment
印刷用ページの表示 印刷用ページの表示

MVSの動き方を決める重要なシステム設定パラメーターとして、PARMLIBメンバーがあります。元々はSYS1.PARMLIBという名称の区分データセットが使われていました。現在ではインストール時のカスタマイズによって異なるDSNにしたり、PARMLIBライブラリーを複数のデータセットに分散することもできます。

ずいぶん以前のMVSでは、PARMLIBメンバーにエラーがあるだけでもIPLが止まってしまうため、パラメーター・メンバーの修正にはずいぶんと気を使ったものです。運用で使用しているメンバーを直接直さずに代替のメンバーを作り、そちらを修正する。あるいは現行のメンバー内容をコピーした代替メンバーを作っておき、もしIPLに失敗したら、代替メンバーのパラメーターでIPLし直す、などはよく行われました。これらはIPLができないとOSが起動しないのでエラーを起こしてしまったメンバーを直したり元に戻したりすることができないからでもありました。
しかしOS/390、z/OSとなった現在のMVSでは、PARMLIBメンバーのパラメーター定義や値に誤りなどがあってもよほどのものでない限り、エラーは無視され(警告はされる)IPLが途中で止まるようなことはなくなりました。

そんな中で「これのどこがエラー?」と見えてしまいそうなものをひとつ。

コメントの終わり位置が悪いためエラーとなる

NJEのテストをするためOS内にテスト用の代替JES2を追加した

落ち着いて見ればわかりますが、このような一見すると正しく見え、どこがおかしい?という類のものはなかなか原因を見つけられないというもののひとつでもあります。そうでなくてもIPLでエラーが出たりすると、(自分が直したのが原因であることが明白で)あせりが先に立ってしまったりするものです。

Posted in オペレーション・運用 • • Top Of Page