- 「メインフレーム・コンピューター」で遊ぼう - http://www.arteceed.net -

IEBGENER,ICEGENER

IEBGENER,ICEGENER:順次データセットのコピー・ユーティリティー

IEBGENERは(z/OS)における、順次データセットのコピーを行うユーティリティー・プログラムの名前です。MSPではJSDGENER、VOS3ではJSDSCPYとして提供されています。プログラム名は異なるものの、JCLもSYSIN制御ステートメントも含め、基本的に互換ユーティリティーです。

IEBGENERはMVS(z/OS)と言うオペレーティング・システムに携わることになった人が、最初に使うであろう基本中の基本とも言えるものです。機能としては2つの順次データセット間でのレコードのコピーですが、他のジョブのサブミットや区分データセットのメンバー内容の印刷など、応用的な使い方を含め、幅広く利用されています。
基本的な利用法については、こちらにサンプルJCLを掲載してあります。「順次データセットのコピー(IEBGENER)」 [1]

ICEGENERはDFSORTのコンポーネントで提供されるプログラムで、IEBGENERの機能を含めた拡張ユーティリティーです。(MVSでのみ利用可)
DFSORTの効率の良いI/O、VSAMのサポート、スパンド形式レコードなどにも対応しています。IEBGENERに比べて、より多くの仮想記憶を必要としますが、大容量のデータセットをコピーする場合は、実行速度が速くパフォーマンスが上がります。
順次データセット←→VSAMデータセット間も相互にコピーし合えるので、AMSユーティリティーのREPRO機能の代わりに利用することもできます。z/OSではSMSがアクティブならVSAMデータセットもJCL DDステートメントのDISP=NEWで作成することができるようになっており、データセット内のレコードをコピーするなら、VSAMであっても一般のデータセット同様に取り扱うことも可能です。

//ALLOCATE EXEC PGM=IEFBR14       VSAMデータセットの作成
//SYSUT2   DD DISP=(,CATLG),DSN=MY.VSAM.MASTER,
//            UNIT=SYSDA,VOL=SER=DATA01,SPACE=(CYL,(10,10)),
//            RECORG=KS,KEYLEN=10,KEYOFF=0,LRECL=256
//*
//LOADING  EXEC PGM=ICEGENER      PS→VSAMへローディング(コピー)
//SYSPRINT DD SYSOUT=*
//SYSUT1   DD DISP=SHR,DSN=MY.MASTER.UNLOAD
//SYSUT2   DD DISP=SHR,DSN=MY.VSAM.MASTER
//SYSIN    DD DUMMY
//
//