ISPEXEC

By 神居 - Posted: 2009/12/28 Last updated: 2009/12/28 - Leave a Comment
印刷用ページの表示 印刷用ページの表示

ISPEXEC:ISPFサービスの呼び出しコマンド

ISPEXECは、CLISTあるいはREXXからISPFサービスを利用するための、コマンド形式のISPF呼び出しインタフェースです。
エディターやDSLISTなどのPDF機能を始め、パネルを使用した対話型アプリケーションを作成するためのさまざまなISPF機能を、プログラムを作ることなく容易に利用することができます。

/* CLIST FOR ISPF SERVICE CALL */
/* DISPLAY PDF/DSLIST PANEL */
ISPEXEC LMDINIT LISTID(LID)  LEVEL(ZWRK.V%%M.**)
ISPEXEC LMDDISP LISTID(&LID)
END

これはPDFの3.4 DSLISTユーティリティーを呼び出すサンプルです。

/*
/*  JCL SUBMIT AND DISPLAY JOB OUTPUT BY ISPF BROWSER.
/*
PROC 0
WRITENR PLEASE ENTER JCL DATASET NAME ==>
READ &DSN

MAIN: +
WRITENR PLEASE ENTER MEMBER NAME ==>
READ &MEM
IF &MEM = '' THEN EXIT

SET &SYSOUTTRAP = 1
SET &CJOB = JOB
SET &CSUB = SUBMITTED
SET &COUT = ON OUTPUT QUEUE

SUBMIT '&DSN(&MEM)'
SET &X = &SYSINDEX(&CJOB,&SYSOUTLINE1) + 4
SET &Y = &SYSINDEX(&CSUB,&SYSOUTLINE1) - 2
SET &JOBID = &SUBSTR(&X:&Y,&SYSOUTLINE1)
WRITE &SYSOUTLINE1

ALLOCATE DD(SOUTWRK) NEW TRACKS SPACE(10 10)

DO UNTIL &X NE 0
   ST &JOBID
   WRITE &SYSOUTLINE1
   SET &X = &SYSINDEX(&COUT,&SYSOUTLINE1)
END

SET &SYSOUTTRAP = 0
LISTDSI SOUTWRK FILE
OUTPUT &JOBID HOLD KEEP PRINT('&SYSDSNAME')
ISPEXEC BROWSE DATASET('&SYSDSNAME') VOLUME(&SYSVOLUME)
FREE DD(SOUTWRK)

GOTO MAIN

こちらはPDSデータセット内のJCLメンバーをサブミットして、そのジョブの実行結果をISPFブラウザーにて表示するサンプルです。
ジョブの完了は、STコマンドを発行してその返答メッセージで判定します。「ON OUTPUT QUEUE」となるまでループしてコマンドを発行しています。ジョブのSYSOUTはTSOのOUTPUTコマンドでPSデータセットに書き出し、そのPSデータセットをISPFのBROWSEサービスで表示します。

Posted in キーワードから(何が知りたいですか) • • Top Of Page