ISPF – いつでもどこでもデータセット編集

By 渡辺 - Posted: 2009/10/03 Last updated: 2009/10/10 - Leave a Comment
印刷用ページの表示 印刷用ページの表示
ISPFを使って、データセットやPOデータセットのメンバーを編集するときには、ISPF3.4画面や、
3.1画面、2画面などを使用すると思います。
しかし、下記のISPFコマンドを使うと簡単に編集画面へ飛ぶことができます。
下記の画面のように”EPDF ‘データセット名'”を入力しエンターを押してください。
EPDF_01
このように、編集画面がすぐに開けます。
EPDF_02
TSOのREADY画面からでも、編集画面に飛ぶことができます。
ただし、この場合には、EPDFコマンドではなくISREPDFコマンドを利用します。
 READY
ISREPDF 'TESTUSR.JCL(TEST01)'
EPDFだけ打つと、ヘルプ画面が表示されますので使い方を確認してみてください。
EPDF_03
ヘルプ画面を見ていただければわかりますが、編集だけではなく表示だけさせる
こともできますので、いろいろと活用してみてください。

Posted in ISPFとSDSFのちょっと得する使い方 • • Top Of Page