- 「メインフレーム・コンピューター」で遊ぼう - http://www.arteceed.net -

ISPF – 以前使用したコマンドの一覧表示

ISPFで、以前使用したコマンドを呼び出す場合は、”RETRIEVE”コマンドを利用しますね。
ファンクションキーに登録していらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
F12キーに登録されていることが多いですが、画面によっては”CANCEL”が割り当てられている
こともありますので注意しましょう。
(ISPF ? ファンクションキーの割り当て確認 [1]のエントリーで確認できます。)

“RETRIEVE”コマンドは確かに便利なのですが、過去に使用したコマンドが一覧になっていると
さらに便利ですよね。
一覧として出したいときには、下記のようにオプション行やコマンド行に”RETP”と入力して
エンターを押します。
RETP_01 [2]
すると、過去、実行したコマンドが一覧になりますので、実行したいコマンドの番号を入力して
エンターを押してください。
そのコマンドが表示されます。(選んだだけでは実行されないので注意してください。)
実行したければ、そのままエンター,間違えたなら、コマンドを消せばなかったことになります。
RETP_02 [3]