USS(Unix System Service)で扱うファイルの参照・編集

By 渡辺 - Posted: 2009/09/15 Last updated: 2009/10/10 - Leave a Comment
印刷用ページの表示 印刷用ページの表示
USS(UNIX System Service)で扱う、ファイルの参照や編集をするときに、ISPFと同じ
インターフェースで参照・編集をしたいと思ったことありませんか?

*USS(UNIX System Service)とは、z/OSやOS/390の環境で、オープン環境(UNIX)を
取り扱うためのコンポーネントの一つです。
Publications ホームからz/OS UNIX システム・サービス ユーザーズ・ガイド
(資料番号(SA88-8640-06))を検索してみてください。

TSOコマンドで、”OEDIT”を実行しましょう。
下記の画面に遷移します。ディレクトリとファイル名を入力します。
USS(OE)_01

下記のように、ISPFの編集画面が表示されますので、いつものように編集します。
終わったら、F3キーを押して元の画面に戻ります。
USS(OE)_02
TSOコマンドで、”OBROWSE”を実行しましょう。
下記の画面に遷移します。同様にディレクトリとファイル名を入力します。
USS(OB)_01

下記のように内容が表示されます。
USS(OB)_02

上記のような”OEDIT”,”OBROWSE”コマンド以外にも、”ISHELL”というTSOコマンドを利用しても、
ISPFインターフェースで操作することができます。

Posted in 知っておくと便利なテクニックなど • • Top Of Page