JES2が止まらない!

By 渡辺 - Posted: 2009/09/14 Last updated: 2009/10/10 - Leave a Comment
印刷用ページの表示 印刷用ページの表示
基本的にマシンオペレータさんがシステムCLOSEをすると思いますが、システムCLOSEを
する機会があるかもしれませんね。

JES2を止める前の基本事項として、”$HASP099 ALL AVAILABLE FUNCTIONS COMPLETE”
が出力されていることを確認することが必要ですよね。
しかし、あまりシステムCLOSEをする機会がないと、なかなかもって確認を怠りがちです。

結果として、こういうことになります。
 D A,L
 IEE114I hh.mm.ss yyyy.ddd ACTIVITY 784
  JOBS     M/S    TS USERS    SYSAS    INITS   ACTIVE/MAX VTAM     OAS
 00000    00001    00000      00027    00002    00000/00000       00003
  JES2     JES2     IEFPROC  NSW  S

 $PJES2
*$HASP623 MEMBER DRAINING
*$HASP607 JES2 NOT DORMANT -- MEMBER DRAINING, 787
            RC=03 ACTIVE PROCESSORS OR ADDRESS SPACES
こういう時には、慌てずに”$DU,STAT”のコマンドを打って確認しましょう。
$DU,STAT
$HASP880 LINE1      UNIT=SNA,STATUS=ACTIVE,DISCON=NO

$PLINE1
$HASP880 LINE1      UNIT=SNA,STATUS=DRAINING,DISCON=NO
$HASP097 LNE1       IS DRAINED

$DU,STAT
$HASP668 NO DEVICE(S) FOUND
上記の例では”LINE1″が、ACTIVEのままでした。
停止させて、”$DU,STAT”の結果が、”NO DEVICE(S) FOUND”になることを確認しましょう。
でも、”$HASP099 ALL AVAILABLE FUNCTIONS COMPLETE”が出力されていません。

今度は、JES2配下のタスクがないかどうか、”$DA,X”コマンドで確認してみましょう。
 *このコマンドを打つ前に、”$PI”コマンドでイニシエーターをすべて停止しておきましょう。
 $DA,X
 $HASP890 JOB(SYSLOG) 818
 $HASP890 JOB(SYSLOG)    STATUS=(EXECUTING/xxxx),CLASS=STC,
 $HASP890                PRIORITY=15,SYSAFF=(xxxx),HOLD=(NONE)
 $HASP890 JOB(BPXAS) 819
 $HASP890 JOB(BPXAS)     STATUS=(EXECUTING/xxxx),CLASS=STC,
 $HASP890                PRIORITY=15,SYSAFF=(xxxx),HOLD=(NONE)
 $HASP890 JOB(BPXAS) 820
 $HASP890 JOB(BPXAS)     STATUS=(EXECUTING/xxxx),CLASS=STC,
 $HASP890                PRIORITY=15,SYSAFF=(xxxx),HOLD=(NONE)
SYSLOGはいいのですが、BPXASは問題です。OMVS関連のタスクが稼働したままですね。
では、停止させましょう。
 F OMVS,SHUTDOWN
 BPXI055I OMVS SHUTDOWN REQUEST ACCEPTED
 IEF404I BPXAS - ENDED - TIME=hh.mm.ss
 IEF404I BPXAS - ENDED - TIME=hh.mm.ss
 $HASP395 BPXAS    ENDED
 $HASP395 BPXAS    ENDED
 $HASP099 ALL AVAILABLE FUNCTIONS COMPLETE
*BPXI056E OMVS SHUTDOWN REQUEST HAS COMPLETED SUCCESSFULLY
無事、”$HASP099 ALL AVAILABLE FUNCTIONS COMPLETE”が出力されましたね。
ここまでいけば、JES2が停止しない、ということはないでしょう。
“$PJES2″コマンドを投入し、JES2を停止しましょう。

Posted in オペレーション・運用 • • Top Of Page