メインフレームとキャリアパス

By 高尾 - Posted: 2009/04/05 Last updated: 2009/04/05 - Leave a Comment
印刷用ページの表示 印刷用ページの表示
しばしば判で押したように「メインフレームをやっていると、将来がない」という言葉を聞きます。だから、「若い者にやらせられない」「成り手がいない」などなど。

本当にそうなのか?私事になるが若い人の参考になれば、と私の経験の一部を書きます。

エンジニアとして新入社員当時は、メインフレームをやることになりました。当時はそれしかなかったのです。おそらく2009年現在で、46歳以上の人はほとんどメインフレームにかかわった経験をもっているはずです。

1990年代、クライアント・サーバーやLANといったものが進歩しはじめた時、それを担当したリーダーは当然ながらメインフレームをやっていた人々でした。それでも、エンジニアである以上、新しいことを勉強し進んでいったのです。LANをフロア中に這わせてルーターとにらめっこしていたシニアなエンジニアの方を覚えています。
私も30歳代後半に「このままメインフレームをやっていたら、自分の技術のキャリアは終わりになってしまいそうだ」と相当にあせりを感じていました。しかし、どっぷりつかった仕事から会社は簡単には転進させてくれません。なにより若い人間が新しい技術をやっており、中堅の私たちは日銭を稼げる存在でしたから。

それを転進させてくれたのはSIでした。パソコンにつながないシステムなんてありません。データ移行などを行えば一時的に大量にパソコンが必要となります。このころにOS/2やWindowsでのプログラミングをPMをしながら、始めました。オブジェクト指向とイベントドリブンにはずいぶん悩みましたが、なんとかなったようです。

そうしてWindowsサーバー, UNIXと進んできました。じゃあ、メインフレームでの仕事はムダだったのか?いまだに役立っていると思うことをリストしてみます。
ほとんどはオープン系のエンジニアでも限られた人しか知らないことのように感じています。(ちょっと偉そうかも知れません。すいません)
メインフレームの世界は基幹業務であるため、オープン系よりも体験するチャンスが多いと思います。
大規模案件をやれるエンジニア、プロジェクトマネージャを目指すのであれば、メインフレームの道というのは、「急がばまわれ」で、そんなに「将来がない」と決め付けることもないように思うのです。こういうメタ知識の話を書くと、私の嫌いな精神論になりかねないので、誤解を招くとイヤなのですが。

覚えた知識がムダになることを恐れていてはIT系のエンジニアは務まらないように思います。少なくともメインフレームの世界でもTCP/IPとJavaは、オープン系と共通の重要な技術として使われています。
新しい知識とは仕事で与えられるものというよりも、長年通勤している道すがら、漫画とスポーツ新聞しか読まずにCOBOLしか覚えようとしなかったか、日経ソリューションを読んでいろいろ試す、違いではないでしょうか。
Posted in つぶやき・雑感 • • Top Of Page