Archive for '日立VOS3システム運用編' Category

日立VOS3のジョブステップ並列実行機能(JSPEC)と関連機能について

By 岡田 - Posted: 土曜日, 11月 26, 2016

先日、Z/OSの並列実行機能について掲載されました。 私が関わったVOS3のジョブステップ並列実行機能(JSPEC)について、記憶を辿って順次掲載していきます 日立のジョブステップ並列実行機能(JSPEC)とは VOS3 […]

VOS3システムモジュールが壊れた時の対策手法

By 岡田 - Posted: 水曜日, 11月 6, 2013

先日、IPPコマンドの弊害について書きました 満了日付が付いているデータセットの削除はJBBSDS00で保護できますが、メンバのRENAMEには効力がないというのが私の見解です。 その理由として、、 1)RENAMEコマ […]

VOS3 IPPユティリティ新機能開発

By 岡田 - Posted: 水曜日, 11月 6, 2013

VOS3では、VOS3/AS公開の際、「PP導入維持管理機能」がリリースされました。製品のインストールやSUT(PTF)の管理が容易になりました。 この機能に付随して公開されたのが、「IPPユティリティ」です。 従来、T […]

VOS3の機能(IPPコマンド)がもたらした弊害

By 岡田 - Posted: 水曜日, 11月 6, 2013

VOS3/ASでリリースした「PP導入維持管理機能」では、IPPコマンドが提供されました。 このコマンドを実行すると、TSS画面上から製品のインストールが可能です。 従来は、製品のインストール専用のJCLを作成して実行す […]

VOS3システムの「装置ニモニック(DEVMN)」について

By 岡田 - Posted: 土曜日, 10月 5, 2013

VOS3システムでは、全ての入出力装置に装置ニモニック(DEVMN)と呼ばれる3文字の英数字記号を付与します。 これは、入出力ゼネレーション定義にて定めるのですが、ここにはさまざまな条件があります。 1:3文字である事( […]

高速ダンプの応答を省略できる「JSLDUMP応答省略機能」

By 岡田 - Posted: 金曜日, 10月 4, 2013

VOS3に従事している人間にとって、「高速ダンプ(JSLDUMP)」を操作する機会は極端に少ない。 高速ダンプとは、VOS3システムが何らかの原因で制御不能となった時、再IPLする直前にOSのメモリ状態を記録して、後日原 […]

コンソールコマンドに関すること

By 岡田 - Posted: 水曜日, 9月 25, 2013

VOS3のコンソールコマンドに関することについてまとめて書きます コンソールコマンドは以下の四つの区分に分類できます 1)INFO:情報 2)DEV :装置の操作 3)SYS :システム 4)CONS:コンソール 実は上 […]

オープンバッチシステムの稼働状況把握手法

By 岡田 - Posted: 月曜日, 9月 23, 2013

コンピュータシステムが稼働を始めた後、システムの増強や減設の判断をするために、稼働状態を常に把握する必要がある。コンピュータシステムを稼働させる際、多額の設備投資が必要となるため、将来のシステム利用を見越した設備増強が出 […]

VOS3のシステム生成環境の変化

By 岡田 - Posted: 土曜日, 9月 14, 2013

メインフレームの業務に従事されている方でしたら、お分かりと思いますが、 業界を支えてきたカートリッジを含む”磁気テープ”の媒体環境見直しに迫られています VOS3のOSやPP(アプリケーション)を出荷している部門からも、 […]

VOS3:端末IDとIPアドレスによる接続相手チェックの違い

By 岡田 - Posted: 土曜日, 9月 14, 2013

VOS3ではTSSで端末IDをみて、制御できるとお伝えしました。 また、最近の通信管理プログラムよりパソコンのIPアドレスを取得できることもお伝えしました。 この違い、私はとても大きなことと思っていました。 メインフレー […]

VOS3:プログラムローディングの高速化とXPL

By 岡田 - Posted: 土曜日, 9月 7, 2013

VOS3では、昔からプログラムのローディングを高速化する手法として以下の機能を用意してきました 1)モジュール常駐・・・SYS1.PARMLIB(JAALPAxx,JAAFIXxx) 使用頻度の高いモジュールをメモリ上に […]