Archive for 'ありがたいサンプルJCL' Category

LOGRECデータセットのプリントとイニシャライズ

By 神居 - Posted: 水曜日, 8月 4, 2010

LOGREC(SYS1.LOGREC)はハードウェアおよびソフトウェア(主にOS)のエラーログを記録するデータセットです。EREP(Environmental Record Editing and Printing Pr […]

RACFユーザー登録

By 神居 - Posted: 木曜日, 6月 17, 2010

RACFに新しいユーザーを登録するには、RACFコマンドを使用します。RACFコマンドはTSOにて発行でき、バッチセッションでも使用できます。 RACFに新しいユーザーを登録する // JOB Statement //* […]

一時的VSAMデータセットを使う

By 神居 - Posted: 月曜日, 5月 17, 2010

業務用アプリケーションプログラムでは、先行ステップで作成したデータセットを後続ステップで読み込んで、さらに別の処理を行う、といった手法は大変よく利用されています。この際に、データ内容をステップ間でのみ受け渡し、ジョブが終 […]

すべてのボリューム上のデータセット一覧を作る

By 神居 - Posted: 月曜日, 12月 28, 2009

ボリューム内のデータセットの一覧リスト(VTOCリスト)を必要とする場合があります。IEHLISTやISPF3.4(DSLIST)を利用することもできますが、AMSユーティリティーのDCOLLECT機能を使って、ボリュー […]

文字列一括変換

By 渡辺 - Posted: 日曜日, 9月 13, 2009

CPPUPDTE(IPOUPDTE)というロードモジュールを知っていますか? システムを導入しているような人なら、よくご存じかと思いますが、簡単にいうと文字列一括変換を するためのツールです。 通常、何かの文字列を変換す […]

バッチJOBで文字列検索

By 渡辺 - Posted: 土曜日, 9月 5, 2009

データセットにある特定の文字列を探したいとき、たいていは、ISPF 3.14画面を利用して 検索されると思います。 ISPFの前景処理なので、検索している間は当然、そのセッションは使えませんよね。 大きいデータセットを検 […]

ロードモジュールの情報を得る(AMBLIST)

By 神居 - Posted: 金曜日, 11月 21, 2008

AMBLISTユーティリティはロードモジュールの属性や内容を編集して出力します。アドレスモード、入口点の位置、リエントラントなのか、APF許可を必要とするか、などのモジュール属性とどのようなモジュール(CSECT)によっ […]

SMFデータセットのアンロード(IFASMFDP)

By 神居 - Posted: 金曜日, 11月 21, 2008

SMFデータセットのアンロードJCLサンプル // JOB Statement //******************************************************************** […]

ファイル転送を行う(FTPクライアント)

By 神居 - Posted: 水曜日, 11月 19, 2008

FTPクライアント実行JCLサンプル(MVS) // JOB Statement //******************************************************************* […]

データセットをファイル転送可能な形式に変換する(TRANSMITとIEHMOVE)

By 神居 - Posted: 火曜日, 11月 18, 2008

固定長レコードのデータセットであればそのままファイル転送することができますが、可変長/不定長レコードの場合は相手側転送ソフトがメインフレームのレコード形式に対応していないと正しく転送できません。TSOのTRANSMIT/ […]

IPCS以外のVTAMトレースの解析プログラム(TAP)

By 神居 - Posted: 水曜日, 11月 12, 2008

VTAMのトレースデータはIPCSでもフォーマットできますが、NCPが提供するTAP(Trace Analysis Program)と言うプログラムを使うと、SNAのプロトコルをより詳細に編集してフォーマットすることもで […]

SYSOUTデータセットの取り出し(XWTR)

By 神居 - Posted: 金曜日, 11月 7, 2008

JES2スプールに書き出されたSYSOUTデータセットは順次編成データセットに移すことができます。これはエクスターナル・ライター(外部書き出しプログラム)と呼ばれるプログラムの機能です。SYSOUTはSDSFやPFDなど […]

ダンプの採取とフォーマット

By 神居 - Posted: 木曜日, 11月 6, 2008

ダンプとはプログラムおよびプログラムが使用しているメモリー上のデータを、診断のためにデータセットに書き出したものです。プログラムが動いているジョブのアドレス空間のメモリー内容が出力されます。MVSではプログラムが異常終了 […]

アセンブラープログラムの作成(アセンブルJCL)

By 神居 - Posted: 日曜日, 11月 2, 2008

アセンブラーはメインフレーム・コンピューターでは現在でも広く利用されています。業務アプリケーション・プログラムを作成することはなくなってきたものの、OSのEXIT(出口)ルーチンやミドルウェア製品のパラメーター生成など使 […]

COBOLプログラムの作成(COBOLコンパイラー)

By 神居 - Posted: 日曜日, 11月 2, 2008

COBOLはメインフレーム・コンピューターの業務アプリケーション・プログラムでは最も多く使われているプログラミング言語です。バッチ・オンラインを問わず広く利用されています。基本的なコンパイルを行うためのサンプルJCLを示 […]

GTFトレースの採取とフォーマット

By 神居 - Posted: 火曜日, 10月 28, 2008

MVSにはGTFと呼ばれる汎用トレース機能があります。MVS自身の動作やアプリケーション・プログラムなどの動きをシステムのレベルでトレースする機能です。一般のプログラムのデバッグには向きませんが、アセンブラー言語で作成さ […]

TSOバッチ・セッション(TSOセッションをバッチジョブで実行する)

By 神居 - Posted: 火曜日, 10月 28, 2008

TSOコマンドは通常端末を利用するフォアグラウンドセッションで使用しますが、サブミットされたバッチジョブでも使うことができます。これがTSOのバックグラウンドセッションです。 TSOセッションをバッチで実行するJCL / […]

ロードモジュールの修正(IMASPZAP)

By 神居 - Posted: 火曜日, 10月 28, 2008

SPZAPはロードモジュールやデータセットの内容をDASD上で直接修正するためのユーティリティです。ロードモジュールに関してはアセンブラー言語で作ったプログラムのソースプログラム修正が行えないような場合に利用されます。例 […]

VSAMデータセットの操作いろいろ(IDCAMS)

By 神居 - Posted: 火曜日, 10月 28, 2008

AMS(アクセス方式サービスプログラム)はVSAMデータセットとカタログ操作用のユーティリティ・プログラムです。しかし応用範囲はVSAMだけでなくPSやPDSなどの非VSAMデータセットに関してもさまざまな操作を行うこと […]

データセット(メンバー)を編集して印刷する(IEBPTPCH)

By 神居 - Posted: 金曜日, 10月 24, 2008

順次データセットあるいは区分データセットのメンバーはIEBPTPCHユーティリティで印刷することができます。レコードの内容をべたで出力すればいいのならIEBGENERでSYSOUTにコピーする方法がお手軽ですが、PTPC […]